Google Readerの日本語化方法

Google Readerが日本語化されたという記事を先週多く目にしました。

Google Japan Blog: お気に入りサイトの新着情報をすぐにお届け
ついにGoogleの提供するRSSリーダー、Google リーダーが日本語化されました。RSSリーダーとはユーザーが登録したウェブサイトの情報の更新を検知し、一目でそのWebサイトの更新情報を見ることができるツールです。

とはいえなぜか私のGoogle Readerは日本語化されません。ヘッダメニュー内の「Settings」の中に項目が増えたのかと思って探してみてもダメ。そんな項目ありません。

では、解決方法を。URLがgoogle.comになっていませんか?これをgoogle.co.jpにすればそれで終了。
とはいえちょっと不親切ですね。今までなら.comで接続しても言語選択ができていたような。もしくは「hl=ja」をパラメータに付加すると日本語化されます。

ここらへんが統一されてないのは珍しいかもしれませんね。

日本語の場合 http://www.google.com/reader/view/?hl=ja

英語の場合 http://www.google.com/reader/view/?hl=en

参考サイト

Google Gearsが変えるwebアプリケーション

Google Gearsの発表から1週間、Google Gearsがこれからwebアプリケーションをどのように変えていくかを考えてみました。まずはGoogle Gearsの簡単な説明。

Google Gears記事いろいろ:phpspot開発日誌
Google Gearsは、データをプロキシ風にキャッシュしてオフラインでもWebアプリが使えるというものです。

要はこれから、ネット環境から離れてしまう!というときにofflineモードにすればネット環境が無くてもロキャッシュしたデータをを見れるというもの。早速、Google Readerが対応していたので試してみました。

試してみての感想。結局、自分でダウンロードしてから離れないと意味がない。要はめんどくさい。自動的にPCに負荷をかけない程度にダウンロードをしておいてくれればいいのにと思います。

それと、Google Readerの場合、画像はダウンロードされません。これってデータを軽くするためなんでしょうけど、画像がなければ意味がないエントリーもたくさんあるわけで・・。ここの対応が何とかならないものかと期待します。

あと、視点は変わりますが、重要なのは広告のクリックの問題。RSS広告などの場合、クリックされても飛び先には行けません。つまりインプレッションのみが増加してクリックは減るでしょう。

ユーザーが「RSS広告はクリックしても表示されない」という認識を持ってしまったらRSS広告は成長しません。インプレッション課金が適用されるならば完全な純広告扱いですね。クリックしても飛べないですし。プロモーションにしか使えません。しかも、テキストベースの。うぅ~ん、心配です。

ただし、広告という観点でなく、webアプリケーションの可能性として考えると、Google Gearsは今後のwebアプリケーションを成長させてくれるでしょう。単純に、常にオンラインである必要がないのだから。

blogの投稿フォームが対応するといいですね。Windows Live Writerなどのデスクトップ型ではPCにより環境が異なってしまいますし、Feedpath Blogエディタなどはオンラインでなければいけない。これがGoogle Gearsを取り入れたらwebがさらに活性化しますよね。しかも、新しものが好きな人たちが使うツールで提供することでより改善されますし。amebloなどの大手ブログポータルも導入を検討するべきではないかなと思います。

参考サイト