Gmailの容量が一気に増えた!

Gmail保存容量が大幅に増えたとのこと。

Google Japan Blog: Gmail保存容量、大幅拡大のお知らせ
Google は、ユーザーの皆様がより快適に Gmail をお使いいただけるように、保存容量の拡大に取り組んでいます。2004 年に提供開始された Gmail は、翌年4月、” Infinity + 1 ” storage plan (” 無限 + 1” 容量プラン ) の一環として、保存容量の大幅な拡大を行いました。
もちろん実際には「 無限 」 というわけにはいきませんでしたが、ユーザーの皆様に可能な限りの大容量を提供し続けていくことを約束したのです。現状でも、Gmail容量を超えそうだという方はそんなには多くないと思いますが、Google は、この約束を守るために、さらなる容量拡大を無料で提供することを決定しました。皆様の Gmail容量をご覧いただければ、すでに容量が拡大し始めていることにお気づきになるでしょう。

実際に自分のアカウントを見てみたら

現在 3137 MB 中 198 MB (6 %) を使用しています。

となってました。確かちょっと前までは2700MBMBくらいだったような。一気に増えてますね。今のアカウントでの使用容量は「アカウント情報 – 基本容量の使用状況」でチェックできます。

また、一気に増えたのに加えて、増えるスピードが速くなったってことのようです。Gmailのログイン画面では今の時点で3138.431237MBとなってます。1MB増えるのに5分くらいといったペースでしょうか。ログイン画面のソースを見れば詳しいペースはわかりますので興味のある方はそちらを。

とはいえ、3Gのストレージを使い切るのは大変なことです。安心して使える容量を常に確保するといった、姿勢はホントにすばらしいですね。

参考リンク

Gmail VS @niftyメール

@niftyメールがISPユーザー以外にも公開されましたね。今までだとこの機能をウリにしてISP会員を獲得しようとしていたのですがよく考えると、webメール目当てにISP乗り換えたりはなかなかしないですね。webメールは結局、広告収入を収入源にしないとダメだという結論なのかもしれません。

ITmedia News:ニフティが3Gバイトの無料Webメール
接続会員向けだったニフティのWebメール「@niftyメール」がISPユーザー以外にも無料開放され、容量は3Gバイトに、保存は無制限になった。「国内大手ネットサービスとして最大容量、最長保存期間」だとしている。

3G、無期限のwebメーラーといえばGmailですが、@niftyメールがどうやってシェアを拡大していくかの戦略が気になります。

ITmedia News:ニフティが3Gバイトの無料Webメール
今後は新機能として、メール作成時にあらかじめ設定しておけば、相手がメールを読む前なら送信を取り消せる「消せるメール」を実装する予定だ。

この機能を実装してもGmailからシェアを奪えるとは思えません。単純にこの機能、外部サーバーに送信されたメールを削除しにいくのってどうなんでしょうか・・・。UIもGmailのほうが優れています。後発としての魅力がもっと必要ですね。

eyeVio(アイビオ)はGmailとの連携がいい!

前のエントリーでも紹介したeyeVio。いろいろと試してみてeyeVioGmailとの連携を考えていることが判明。今回はそのご報告です。

新規登録の際にはGmailのクイックコンタクトからアドレスを簡単にインポート。インポートしたアドレスには自分が投稿した動画を紹介することが簡単にできます。

もっと実用的なのがembedされたeyeVioの連携方法。

いろいろな動画共有サイトからembedされたものにも「share」ボタンがついていますがeyeVioはその先が違います。

embedされたeyeVioのshareボタンをクリックすると・・・。

Gmailのメール作成画面に!

もちろん、タイトル、URLはすでに入力されているのでサクサクっと気に入った動画を紹介できます。embedされてるってことでeyeVioに登録してなくても大丈夫。自分の動画をアップして自分のblogにembedすればユーザーフレンドリーですね。

 

関連サイト

eyeVio(アイビオ) – ソニーの動画投稿サイトってどうなの?

ソニーがついに動画共有サイトを公開しました。

eyeVio

後発サイトとしてどうユーザーを集めていくのかが見所です。

現在の魅力としては携帯やipodとの連携がスムーズなところ。
そのうちHDにも対応するとのこと。

動画共有サイトは画質が悪いものが多かったりするのでユーザーが満足できる画質を提供できるサービスになれば自然とユーザーが集まってくるのではないでしょうか。

参考サイト:
ソニーが動画投稿サイト「アイビオ」をオープン–iPodや携帯電話にも対応
ソニー、動画共有サービスに参入 「eyeVio」スタート