GoogleVideoの検索結果が進化!

GoogleVideoの検索結果が進化したようです。

Google Video Search Now Serving 3rd Party Hosted Videos
Google Operating System: Google Video Starts to Index Third-Party Video Sites

通常の動画共有サイトや動画ポータルなどではそのドメイン配下のコンテンツのみが検索結果として表示されますが、今後GoogleVideoではGoogleVideo以外のサイトの動画も表示されていくようです。そして、その動画は検索結果画面上で再生可能ということらしい。つまり、GoogleVideoが動画ポータルとして確実なポジションを確立していくことになるのではと。

それぞれの動画共有サイトの機能はありますが、検索を行うのであればGoogleVideoがベストということでしょうか。その他のサイトの今後の動向を追っていきます。

関連コンテンツ

eyeVio(アイビオ)はGmailとの連携がいい!

前のエントリーでも紹介したeyeVio。いろいろと試してみてeyeVioGmailとの連携を考えていることが判明。今回はそのご報告です。

新規登録の際にはGmailのクイックコンタクトからアドレスを簡単にインポート。インポートしたアドレスには自分が投稿した動画を紹介することが簡単にできます。

もっと実用的なのがembedされたeyeVioの連携方法。

いろいろな動画共有サイトからembedされたものにも「share」ボタンがついていますがeyeVioはその先が違います。

embedされたeyeVioのshareボタンをクリックすると・・・。

Gmailのメール作成画面に!

もちろん、タイトル、URLはすでに入力されているのでサクサクっと気に入った動画を紹介できます。embedされてるってことでeyeVioに登録してなくても大丈夫。自分の動画をアップして自分のblogにembedすればユーザーフレンドリーですね。

 

関連サイト

eyeVio(アイビオ) – ソニーの動画投稿サイトってどうなの?

ソニーがついに動画共有サイトを公開しました。

eyeVio

後発サイトとしてどうユーザーを集めていくのかが見所です。

現在の魅力としては携帯やipodとの連携がスムーズなところ。
そのうちHDにも対応するとのこと。

動画共有サイトは画質が悪いものが多かったりするのでユーザーが満足できる画質を提供できるサービスになれば自然とユーザーが集まってくるのではないでしょうか。

参考サイト:
ソニーが動画投稿サイト「アイビオ」をオープン–iPodや携帯電話にも対応
ソニー、動画共有サービスに参入 「eyeVio」スタート