Yahoo!のURLの意味 – 検索パラメータ仕様を公開

Yahoo!検索パラメータの仕様が公開されました。

検索パラメータ仕様をYahoo!デベロッパーネットワークに掲載 – Yahoo!検索 スタッフブログ
開発者様向けに、Yahoo!検索検索パラメータ仕様をまとめたものを
Yahoo!デベロッパーネットワークに掲載しましたのでお知らせいたします。

これまでもURLを眺めれば何となくわかったURLの仕様が公開されました。これにより新たなwebサービスの開発が活発になればいいですね。活用方法などは週末にでもまとまてみます。

関連サイト

YST update 今回の傾向 キーワードはやっぱり「被リンク」

yst

YST更新されましたね。前回から約2ヶ月。更新から数日たって今回の傾向をまとめてみました。

  1. 被リンクの重要性がさらに増した。今回ランクを上げているサイトは被リンクにおいて関連性の高いサイトからのリンクが多い。数よりも質といった印象を受けます。
  2. 内的施策ばかりを行っているところは落ちている。上と一緒ですが、いいサイトほどランクアップ。
  3. paid linkは意味がない?意味がないといえば間違いですが、質の高い被リンクが必要です。

まだ、揺れてはいますが、だいたいこのような傾向ではないかと。Allaboutなんかは順位を上げていますね。いろんなところで上位表示されいます。ユーザーから支持されるサイトということでしょうか。

検索エンジンはGoogleもそうですが、「ほんとうにいいサイト」の評価ができるようになってきている気がします。とはいえSEOを仕事にしている人がたくさんいる以上、おいかけっこですけど。

関係ないですが、SEOで絶対保証をするサービスが増えてきていますが、なんでそんなことできるんでしょうか。アルゴリズムがブラックボックスなのに保証するという無責任さが信じられません。

関連サイト

「@niftyメール」の送信取り消し機能ってなんだ?

mail_deletable

@niftyメールで送信メールを取り消せる機能が付いたとのこと。いったいなんぞやと。

ITmedia News:「@niftyメール」に送信取り消し機能
メール送信時に「消せるメールとして送信」をチェックすると、送信先にメール本文は送らず、本文を掲載したURL入りお知らせメールを送信。受信者は、URLをクリックしてパスワードを設定すると、本文をブラウザ上で閲覧できる。@niftyメールで受信した場合は、通常のメールと同様に読める。

メールでパスワードは直接送れないといった場合などに使えるかもしれませんね。popでダウンロードしてしまうとその間の通信は暗号化されていないので。現在メールでパスワードなどの重要な情報を送っていることがあるのが不思議なくらいですが・・・。

ただし、受信者としては消されるメールってなんだと思います。要はばれちゃいけないメールですね。浮気・不倫の証拠になってしまうものとか?使い道はたくさんありそうです。

あとは開く前に消された場合、そんなに恐る恐るメールを送る人って信頼できるのかできないのか人によって受け方に違いがありそうです。

関連サイト

品質インデックス時代に勝ち抜く方法

panamaに移って、ついに品質インデックスの導入が開始されましたね。

MarkeZine:◎オーバーチュア、いよいよ「新掲載順位決定方式」の導入を完了、運用開始へ
オーバーチュアは、6月27日に発表した「新掲載順位決定方式」の導入を7月12日に完了。この方式での運用を開始したことを発表した。

ビッグワードなんかじゃ結構大騒ぎでした。自動車保険なんかだとinswebが一気に1位になったり。比較サイトが品質インデックスの導入で勝っているイメージがあります。ユーザーから見たら、直接サービス会社から押しつけられるよりも「いい」比較サイトで選びたいですよね。「いい」ってのが重要です。アフィリエイトサイトなんかだとリスティング原稿などもインサーションでメタメタだったりするので。ユーザーの動きとしては、まずはいろいろな比較サイトなどのSLをクリックしているということがはっきりと示されましたね。

品質インデックスが導入されて勝ち抜く方法はGoogleに習えばいいのですが、詳しくはナイショ。

関連サイト

PVから滞在時間に指標が変更されるのは遠くない

PVから滞在時間に指標が変わるというニュース。

秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ: ついにページビューによる測定が最重要でなくなりそう
ウェブサイトの視聴率測定最大手のニールセン/ネットレイティングスが、ページビューによるウェブサイトのランクづけをついに廃止(非公式化)し、サイト滞留時間でのランキングに切り替えるという発表を明日(米国時間火曜日)するらしいというニュースがきた。

これは本当にいいサイト=ユーザーがよく使うサイトという点でいい傾向ではないでしょうか。ただ、ネット広告市場の今後を考えると指標としてはPVは存続するでしょうね。

ネット広告を扱う媒体としてはPVやUUなどの、どれだけのユーザーを集めるサイトかというのが重要な指標であるのは当然です。今後はそれに滞在時間を指標に加えることで広告の価値を決めていっても良いのでは。滞在時間が長い=表示時間が長くなるというようなことにもつながると思うので・・・。だって、3秒に1回クリックし続けてずっと同じサイトなんて無いですよね?表示時間が長いサイトということであればリッチコンテンツを広告として出稿する企業が納得します。

とはいえ、秋本さんの記事の最後、

秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ: ついにページビューによる測定が最重要でなくなりそう
それとは別に、今でもページビューの測り方がサイトごとにばらばらなので、そもそも公称のページビューで広告費が決まりがちな現状にも問題がある気はする。というかそっちがより大きな問題かも。

これに激しく同意です。信頼できるPV数なんてないですね。たとえば、Google Analyticsで、PVランキングなんて公開しちゃったり。こんなことしたら、いくつかの媒体は死んでしまいそうですね。

参考サイト

「Yahoo!ニュース」はダントツのニュースサイト

Yahoo!ニュースがよく見られるニュースサイトでダントツの結果に。当然といえば当然かもしれませんが、これをひっくり返すことができたら大きなビジネスチャンスになりますね。

ITmedia News:よく見るニュースサイトは「Yahoo!ニュース」86%
よく見るニュースサイトは「Yahoo!ニュース」が86%とダントツの強さ。「Googleニュース」は13%で、他のポータルサイトやメディア各社のニュースサイトは10%台で並ぶ。

国内でのYahoo!のブラウザのホームページ設定率は86%以下なので、他のサイトからYahoo!ニュースに見に行っているということになります。Yahoo!ニュースがGoogleニュースを圧倒する理由を考えてみるといろいろな問題が見えてくるような気がします。単純にポータルとしての力とは別の、ユーザビリティだったり、情報の質だったり。

参考サイト

[モバイル][PPC]ngi group、フラクタリストを子会社化

モバイル広告の発展がちょっと前かなり話題になりましたが、思ったよりスピードがないですね。そんな中、ngi groupがフラクタリストを子会社化とのニュース

ngi group、フラクタリストを子会社化–国内外のモバイル事業強化へ:モバイルチャンネル – CNET Japan
ngi groupは7月13日、携帯電話向けソフトの開発などを行うフラクタリストを連結子会社にすると発表した。これに伴い、モバイル関連事業拡大と海外展開の強化を視野に入れ、ngi groupのモバイル関連子会社はフラクタリストと合併する。

これは先手を打ったというのか、それとも今頃なのかという疑問もあるけれど、悪い流れではないような気がします。フラクタリスト自体はモバイルでの力があるし、ngi groupはおもしろいコンテンツを生み出す力を持ってる。(ngi groupってコンテンツを作っても認知されないですね。(笑)

あと、フラクタリストはPPC(Pay Per Call)のシステムも持ってます。こう考えるとフラクタリストってちょっと先を行っていたのかもしれませんね。

検索市場の今後-経産省が発表

成長の見通しがいろいろなところで発表され、盛り上がりを見せている検索市場ですが、このたび経産省からの発表がありました。

検索市場は2011年に5500億円–経産省がIT市場の現状と展望を発表:ニュース – CNET Japan
将来見通しについての推計では、2006年の約2100億円から、2011年には約7500億円に拡大するとしている。具体的には、2011年には「検索」が約5500億円(2006年比247%増)、「ウェブアプリ」が約800億円(同220%増)と、検索サービスを中心に大きく拡大する見込みがあるとした。

検索だけで見ると現在3000億弱が5500億となるのですが、伸びの見込みとしてユーザーの増加と、利用度の向上を考えると妥当な数字ではないかと思います。

参考サイト

Googleのサービスを俯瞰図にしてみる

Googleのサービスはいったいいくつあるのかわからないくらいの数になってきていますが、それを一覧にしているものがありました。俯瞰図になっていて、非常にわかりやすいです。ネタ元は以下。

メディア・パブ: グーグル帝国の全貌,全製品を相関図で俯瞰する
 Websearch,Answers,Zeitgeist,Docs&Spreadsheets,YouTube,Blogger,Picasa,Reader,Finance,News,Double Click,AdSence,Trends,Gmail,iGoogle,Maps,FeedBurner,Analytics・・・・。その他,膨大な各種API。こうした100種を越える製品(サービス)同士が密接に関連している姿を鳥瞰できる相関図である。その一部を抜き出した図を以下に示す。

画像の転載はしたくないので見たい方はリンク先を見てください。実際のリンク先はこちら(フランスのサイトです)
Zorgloob Logiciels – Accueil

こうやってみるとGoogleのカバーするエリアが広がってきていることと、今後ねらうべきサービスがわかるかもしれません。図の右上に孤立しているサービス群が今後どのような展開を行っていくのか楽しみであると同時に、自分としてもチャンスとして勝ちに行くための参考にしていきます。

GoogleのPay-Per-Action(PPA)はどうなのか

Googleの新広告モデルPPA。リリースは↓な感じ。

Inside AdWords: Pay-Per-Action Beta Expanding Globally
Starting today, advertisers who use AdWords conversion tracking and receive more than 500 conversions from their cost-per-click (CPC) or cost-per-thousand impressions (CPM) campaigns in the most recent 30-day period will be invited to join this beta test, on a rolling basis. Eligible advertisers will see an alert in their AdWords account informing them that they can now try the PPA beta.

はじまって2週間。ローンチ当初は広告主側のみが設定できた状態。そして先週から配信されるようになったわけですが、まだまだといった感じですね。

PPAといいつつ実際のところはアフィリエイト。大きな違いはGoogleの持っている、大きな配信先をマーケットにできること。通常のアフィリエイトの場合は配信側がマーチャントを選定して、気に入ったら配信されるわけだけど、Googleの場合はタグが挿入されていれば嫌がられない限り、配信の可能性があります。

AdSenseで誘発クリックさせて儲けているようなサイトはPPA形式は嫌がるだろうな。まぁ、そんな無駄クリックにお金を払わなくてすむのでそれはそれでOKですが。ただ、一般のCV率が高いサイトとかでもPPCというわかりやすい収入体型を好むだろうなぁ。そこはパブリッシャーにも広告主にもいいニュースを届けて市場を活性化させる必要がありそうですね。

関連サイト