Googleの検索結果が変わった AdWordsの地域ターゲティング結果が表示

Googleの検索結果に地域ターゲティングを行ったリスティング広告は地域名が出るようになりましたね。9月の中旬くらいだったかな。最初はなんだこれと思ってましたが、Inside AdWordsにエントリーが。

Inside AdWords: AdWords Ads: what’s your location?
Lately we’ve received some inquiries about the locations that are often displayed beneath the last line of text in AdWords ads. Here’s some helpful information that explains when we display locations, and how we determine what to display.

要はユーザーに地域を明示することでSERPでのCTRが上がりますよといった感じなんでしょうけど、これどうなんでしょうか。例えば私の場合は、「新築マンション – Google 検索」で「東京」と出てくる広告が11個中4個。これに関して思うことを。

まず、表示形式の改善が必要ではないでしょうか。しょうがなくつけた、おまけのように「東京」と書いてある。これでCTRが上がるとは思えません。

また、東京では意味がない。地域ターゲティングがもっと細かく、指定できて、東京より細かくならなければ意味がありません。東京の場合は地域ターゲティングの表示がされたところでユーザーはその他のサイトもほとんど東京にあると考えるでしょうし。ただし、東京でない、ユーザーへの地域ターゲティングでは効果があるのではないでしょうか。例えば青森のユーザーが転職と検索したときの結果が地域ターゲティングがされていて、リスティング広告の下に青森と出ていたらCTRが上がる気がします。

ここらへんはどこかに旅行したときにでも試してみます。

参考サイト

メールマガジンのトラッキング方法

Google Analyticsは非常にいいツールですよね。ただし、独特な言い回しが多く、わかりにくい部分も多少ありますが。そんなGoogle Analyticsですが、公式blogにおもしろいPOSTがありました。

Analytics 日本版 公式ブログ: メールマガジンのトラッキング方法
前回ご紹介したキャンペーントラッキング機能を利用すると、様々なプロモーション活動をトラッキングすることができます。今回はメールマガジンのトラッキング方法について解説させていただきます。

要は広告効果測定ツールなんかで発行しているようなパラメータをGoogle Analyticsで発行して使いましょうという内容。有料ツールの導入は難しいけども、トラッキングをしっかり行った上で効果検証を行いたいといった場合はこれがbestかもしれません。

参考サイト