robots-nocontentでYahoo!(YST)にページの重要部分を伝えることが可能に

Yahoo! Search Blog」より。

Yahoo!(YST)にページの中で重要でない部分を伝えることができるようになりました。つまり、重要な部分を伝えることができるということです。

やり方は簡単。class=robots-nocontentと要素を加えるだけ。これで囲まれた要素はYSTからは無視されるということのようです。しかもいつからかと思ったらなんと今晩から!(早い!)先日のSESでの課題ともなっていたのでかなりスピーディーな対応と言えそうです。

どうしてもヘッダやサイドバー、フッタなど重要でない部分にコンテンツが増えていってしまう場合などこのタグはかなり有効でしょう。検索エンジンに正しい意図を伝えることが可能ですね。

使い方のサンプルは以下の通り。

<div class="robots-nocontent">重要でない部分を囲む</div>
<span class="robots-nocontent">重要でない部分を囲む</span>
<p class="robots-nocontent">重要でない部分を囲む</p>

ただ、ちょっと問題も。classということで適用するためにかなりの作業が伴うサイトもありますね・・・。cssとの連携を考えてすべてidに変更ということになるとValidなhtmlとは言えないですし。

とはいえユーザーとアルゴリズムの距離を近づけ、よりよい検索結果に近づこうとしている姿勢には賛成です。

Google AdSenseのコンテンツマッチさせる箇所を指定するタグとセットで使用するのもいいですね。

強調したい場合
<!-- google_ad_section_start -->
<!-- google_ad_section_end -->
無視させたい場合
<!-- google_ad_section_start(weight=ignore) -->
<!-- google_ad_section_end -->

from「Google AdSense のコンテンツマッチ精度を簡単に高めるTips

googleoffやgoogleonなんていうGoogle向けのタグもありますがこれは「Google Search Appliance」用のタグのようなので残念ながら現状はYSTのみということのようです。

どちらにしても使わない手はないですね。

そのほかの参考サイト