Gmailの容量が一気に増えた!

Gmail保存容量が大幅に増えたとのこと。

Google Japan Blog: Gmail保存容量、大幅拡大のお知らせ
Google は、ユーザーの皆様がより快適に Gmail をお使いいただけるように、保存容量の拡大に取り組んでいます。2004 年に提供開始された Gmail は、翌年4月、” Infinity + 1 ” storage plan (” 無限 + 1” 容量プラン ) の一環として、保存容量の大幅な拡大を行いました。
もちろん実際には「 無限 」 というわけにはいきませんでしたが、ユーザーの皆様に可能な限りの大容量を提供し続けていくことを約束したのです。現状でも、Gmail容量を超えそうだという方はそんなには多くないと思いますが、Google は、この約束を守るために、さらなる容量拡大を無料で提供することを決定しました。皆様の Gmail容量をご覧いただければ、すでに容量が拡大し始めていることにお気づきになるでしょう。

実際に自分のアカウントを見てみたら

現在 3137 MB 中 198 MB (6 %) を使用しています。

となってました。確かちょっと前までは2700MBMBくらいだったような。一気に増えてますね。今のアカウントでの使用容量は「アカウント情報 – 基本容量の使用状況」でチェックできます。

また、一気に増えたのに加えて、増えるスピードが速くなったってことのようです。Gmailのログイン画面では今の時点で3138.431237MBとなってます。1MB増えるのに5分くらいといったペースでしょうか。ログイン画面のソースを見れば詳しいペースはわかりますので興味のある方はそちらを。

とはいえ、3Gのストレージを使い切るのは大変なことです。安心して使える容量を常に確保するといった、姿勢はホントにすばらしいですね。

参考リンク

Googleの検索結果が変わった AdWordsの地域ターゲティング結果が表示

Googleの検索結果に地域ターゲティングを行ったリスティング広告は地域名が出るようになりましたね。9月の中旬くらいだったかな。最初はなんだこれと思ってましたが、Inside AdWordsにエントリーが。

Inside AdWords: AdWords Ads: what’s your location?
Lately we’ve received some inquiries about the locations that are often displayed beneath the last line of text in AdWords ads. Here’s some helpful information that explains when we display locations, and how we determine what to display.

要はユーザーに地域を明示することでSERPでのCTRが上がりますよといった感じなんでしょうけど、これどうなんでしょうか。例えば私の場合は、「新築マンション – Google 検索」で「東京」と出てくる広告が11個中4個。これに関して思うことを。

まず、表示形式の改善が必要ではないでしょうか。しょうがなくつけた、おまけのように「東京」と書いてある。これでCTRが上がるとは思えません。

また、東京では意味がない。地域ターゲティングがもっと細かく、指定できて、東京より細かくならなければ意味がありません。東京の場合は地域ターゲティングの表示がされたところでユーザーはその他のサイトもほとんど東京にあると考えるでしょうし。ただし、東京でない、ユーザーへの地域ターゲティングでは効果があるのではないでしょうか。例えば青森のユーザーが転職と検索したときの結果が地域ターゲティングがされていて、リスティング広告の下に青森と出ていたらCTRが上がる気がします。

ここらへんはどこかに旅行したときにでも試してみます。

参考サイト

日本語版IE7をWindows Updateで誤配信

日本語版IE7を誤配信。これって大問題ですよね。ウイルス対策ソフトの会社が間違って研究用ウイルスを配信してしまうようなもの。

IE7日本語版を自動更新で誤配布、マイクロソフトが操作ミスで
マイクロソフトは4日(米国時間)、Windows XP SP2用のInternet Explorer 7(IE7)日本語版を誤って自動更新で配布してしまったことを明らかにした。米国時間の4日付で、Microsoft Updateの「優先度の高い更新プログラム」に登録されていたため、Windowsの「自動更新」の設定によっては、インストールまで自動で行なわれてしまう可能性があった。

Windows Internet Explorer 7
現在の状況について
マイクロソフトでは日本語版の Internet Explorer 7 の自動更新機能での配信開始を 2008 年以降に予定しておりました。
しかしながら、10 月 5 日に自動更新を含めたアップデートサイトに日本語版 Internet Explorer 7 が公開されました。 この公開については予定外の配信であり、現在、すでに自動更新機能による配信を停止しております。
対象バージョンのWindowsをお使いのお客様においては、自動更新の機能によって Internet Explorer 7 のダウンロードが完了しており、今後インストールが開始される場合がございます。 この際に Internet Explorer 7 のインストールが必要ないお客様においては、インストールを下記の方法で中止して頂きますようお願い致します。

世間の反応がすごく薄いのが気になります。

2008年に公開、自動インストールとしているもの。つまり、それまでは何らかのバグが存在し、修正を行わなければいけない期間としているということではないでしょうか。自分でインストールする進んだユーザーは多くのフィードバックを行って自動更新でインストールされるユーザーに貢献しているといった感じではないでしょうか。

うぅん。IE7は確かに今のIEよりは使い勝手はいいけども、OSにくっついた勝者の奢りを感じるんだよな。

駄文エントリ終了。

参考サイト