アドサーバーを無料で構築できる 「Openads」最新版

アドサーバーを無料で構築できるOpenadsの最新版が近日中にリリースされるみたいです。

MarkeZine:◎驚異のオープンソース広告配信システム「Openads」最新版、いよいよリリース近づく!
フリーの広告配信システム「Openads」は、もともと「phpAdsNew」「phpPgAds」「Max Media Manager」という3つの開発プロジェクトがひとつになって生まれたシステム。GPLライセンスで公開され、無料で利用できる高機能なアドサーバーとして、世界的に注目を集めている。現在は、インストールが簡単な普及版の「Openads 2.0」と、開発者向けに公開されている「Openads 2.3 development release」の2つのバージョンが配布されている。

アドサーバーがあれば単純にAdSenseだけで配信するだけでなくいろいろなものを配信できますね。もちろん、いろんな種類を配信するのが目的ではありません。複数の広告プログラムの中からもっとも収益率の高いものを見極めることが簡単になるということです。CTRはOpenadsでわかるけれど、クリック単価は広告プログラムの配信元のDBのため自分で設定しなければ分からないところがちょっと惜しいですね。

インストールや設定方法の詳細は後日。まずは自分で使ってみます。そこから正しい方法をメモとしてここに残すことにします。

参考リンク

画像管理の決定版!?SONYの「x-Time Line」

ソニー、写真をタイムラインで整理できるアプリ「x-Time Line」を公開 – CNET Japan

 このアプリケーションは、指定したフォルダ内の写真を、撮影された年、月日、時間に従って自動的に整理する。時間軸フィールド上に表示された画像をクリックすると、拡大表示して詳細確認を行える。
 また、自分が撮影した写真に加え、Flickr上に公開されている静止画も時間軸フィールド上に表示できる。Flickrのタグ検索結果から写真をクリックすると、その拡大画像、キーワード、コメントなどが表示される。その写真を公開したFlickrユーザーのページへ移動することもできる。

ということで使ってみたのですが。

完全に自分のFlickrアカウントと同期はできないのですね・・・。tag指定もできるけど自分の写真をtagだけで持ってこれない。これは痛いですね。自分の写真の中の決まったtagで引っ張ってきたいときもあるだろうし。

これが対応になると結構便利なソフトになると思うんだけど。

関連サイト

高画質な動画共有サイトはどこ?

高画質な動画共有サイトはどこ?と聞かれて答えようとしたときに困りました。

以前、「Brightcove 超高画質な動画共有サイト」というエントリーを投稿しましたが、実際のところどこが一番キレイなのか気になって比較してみました。キレイの基準は感覚ですので悪しからず。
ちょっと重くなってしまうので動画の比較ページは別ページにしました。どうぞご覧ください

動画の画質比較ページ」(別ウインドウで開きます)
video_quality.jpg

広告収入とか完全無視です。embedしたときに一番高画質な動画共有サイトはどこなのでしょうか。どこの画質が良いのか比べた動画共有サイトは

です。eyeVioが入っている(入れてしまった)あたりが最近っぽいですね。さてさて高画質な動画共有サイトはどこでしょうか。

いかがですか?ちなみに元ファイルはmov H.264 640×480で作成しました。各サイト共にリサイズされています。元ファイルも公開できたらいいのですが、いろいろあってごめんなさい。あえてディゾルブを多用した動画にしてみました。やっぱり各サイト、ディゾルブには弱いですね。

中でも今回の動画はSoapbox on MSN Videoの圧勝といえそうですね。音は各サイトそれほど聞いて目立つような差はありません。が、画質はずいぶん差が出ますね・・・。

元ファイルがmovというのも関係しているのでしょう。各サイトが使用するエンコーダーが強いファイル形式というのもありそうです。

また、アップロードの際のアクセシビリティですが後発のeyeVioは完璧かもしれません。ログインしてアップロード画面まで来ればなんとわかりやすいことか。サイトが重いのが痛いですけどね。まぁこれはそのうち解消するでしょう。

参考サイト

YouTubeで儲ける。

YouTubeで広告収入を得ることができるそうになるようだ。

YouTube、人気コンテンツ投稿者に広告収入の道

米Google傘下のYouTubeは5月3日、公式ブログで、新しいパートナープログラムを発表した。このプログラムでは、YouTubeユーザーのうち、作品を多数制作し既に多くの「固定客」を得た投稿者を「ユーザーパートナー」とし、広告収入を得る機会を提供する。

残念なことに誰でもAdSenseのように広告収入を得られるというわけではない。

良いプラットフォームがあるのだからユーザー還元策として全てのユーザーに提供したらどうだろうか。手続きなどはGoogleからしっかりノウハウもらって自動化して。(Googleは自動化できないプロジェクトは長続きしないので)

いろいろと小さな変化ばかり続けるYouTubeの改革に期待してます。

公式ブログ

マイクロソフトがヤフーを買収!?

マイクロソフトがヤフーの買収に乗り出しか–米紙報道 – CNET Japan

米Microsoftが米Yahooの買収に食指を動かしていると、米New York Post紙が報じている。同紙によれば両社はここ数年の間非公式な形で話し合いを続けており、MicrosoftがYahooに対して数カ月前に買収を申し出たとのこと。

大きな動きの一歩でしょうか。もし実現したら構図が変わりますね。Googleとその他といった形が強くなるのではないでしょうか。とはいえGoogleも黙っていないでしょう。Amazon買収なんてのもありですね。

秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ: マイクロソフトのヤフー買収交渉のうわさ

もし両者が今の状態で一つになると、検索連動広告のシェアがGoogle65%に対してMS+Yahoo!で27パーセントになるそうだ。

もし一緒になってもアメリカでのシェアはGoogleがダントツなのか。日本ではYahoo!のシェアが高いですがGoogleが上回る可能性は十分にあります。ユーザーを大切にしないサービスからユーザーはどんどん離れていきます。

とはいえアメリカでは買収でもしない限りGoogleの好調さを止めることができないんでしょうね。もちろん、日本でもGoogleは絶好調です。正直なところ、自分はGoogle大好きなので大歓迎です。役に立つサービスをどんどん開発してくださいな。

Microsoftと同じ立場にGoogleが近づいてその後、どういう展開になるのかユーザーとして楽しみです。

関連リンク

robots-nocontentでYahoo!(YST)にページの重要部分を伝えることが可能に

Yahoo! Search Blog」より。

Yahoo!(YST)にページの中で重要でない部分を伝えることができるようになりました。つまり、重要な部分を伝えることができるということです。

やり方は簡単。class=robots-nocontentと要素を加えるだけ。これで囲まれた要素はYSTからは無視されるということのようです。しかもいつからかと思ったらなんと今晩から!(早い!)先日のSESでの課題ともなっていたのでかなりスピーディーな対応と言えそうです。

どうしてもヘッダやサイドバー、フッタなど重要でない部分にコンテンツが増えていってしまう場合などこのタグはかなり有効でしょう。検索エンジンに正しい意図を伝えることが可能ですね。

使い方のサンプルは以下の通り。

<div class="robots-nocontent">重要でない部分を囲む</div>
<span class="robots-nocontent">重要でない部分を囲む</span>
<p class="robots-nocontent">重要でない部分を囲む</p>

ただ、ちょっと問題も。classということで適用するためにかなりの作業が伴うサイトもありますね・・・。cssとの連携を考えてすべてidに変更ということになるとValidなhtmlとは言えないですし。

とはいえユーザーとアルゴリズムの距離を近づけ、よりよい検索結果に近づこうとしている姿勢には賛成です。

Google AdSenseのコンテンツマッチさせる箇所を指定するタグとセットで使用するのもいいですね。

強調したい場合
<!-- google_ad_section_start -->
<!-- google_ad_section_end -->
無視させたい場合
<!-- google_ad_section_start(weight=ignore) -->
<!-- google_ad_section_end -->

from「Google AdSense のコンテンツマッチ精度を簡単に高めるTips

googleoffやgoogleonなんていうGoogle向けのタグもありますがこれは「Google Search Appliance」用のタグのようなので残念ながら現状はYSTのみということのようです。

どちらにしても使わない手はないですね。

そのほかの参考サイト

スクープ! Yahoo Photosの閉鎖、明日発表

日本は素敵な連休まっただ中ですが、海外ではいつもの通り動いています。先ほどこんなエントリーが。

TechCrunch Japanese  » スクープ! Yahoo Photosの閉鎖、明日発表

Yahooは明日(米国時間5/4)、Yahoo Photos を閉鎖することを発表するという。実際に閉鎖されるのは数ヶ月後になる見通し。Yahoo Photosはより新しく、現代的な機能を満載したFlickrに道を譲ることになる。

ついにFlickr買収後のどっちもつかずの状態が終わるようですね。
とはいえ初めて知ったのですがYahoo Photosってすごいサイトだったんですね。ここまでの規模とは思っていませんでした。

Yahoo Photosは現在インターネット最大の写真共有サイトで、約20億枚の写真がアップロードされている。これに対してFlickrに保管されている写真は5億枚程度とされる。

また、こんなニュースも。

Butterfieldは「近く」Flickrが写真の他にビデオのサポートも始めることも事実として認めた。

連休とはいえいろいろチェックすべきものはたくさんありそうです。
と軽めのエントリーでした。

Technorati Tags: ,

FONの戦略に負けた!

公衆無線LANサービス「FON」対応ルータ本日のみ無料提供中
公衆無線LANサービス「FON」対応ルータ、4月14日のみ無料提供
こんなニュースありましたよね。それが昨日。そしてしっかり申し込みしてしまいました。1000円くらいでOKってことなので喜んで申し込みをしたのも束の間。外で使うことあるのか?自宅の回線を圧迫する結果になるのではないかと心配です。

とはいえ、世の中を幸せにするためと思ってしばらくは続けます。

関連記事

YouTubeの新機能 動画を今見ている人がわかるように

YouTubeの新機能が現在テスト中。

その名も「Active Sharing」。自分が今見ている動画を、同じ瞬間に見ている人がわかるという機能。チャットの入室中といった感じでしょうか。

よ~く見てみると

こんな感じで自分が見ている動画を見ている人がわかります。

自分が興味のある動画を同じ瞬間に見ている人がほかに見ている動画って気になりませんか?いろいろのぞいてみましたがやっぱり同じようなものを見ている人が多いですね。

この機能、現在はテスト中なのですが近いうちにすべてのユーザーに提供されるようになりそうな気がします。コミュニケーションを活発化させ、回遊率を高めるにはいい手段ではないでしょうか。「その瞬間」というのがいいですね。これが大事な気がします。